FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクロマンサー ユニット紹介

ネクロマンサー特集第二弾として今回はユニットを紹介します。

Necro_LineUp-Deathbringer1.jpg

ネクロマンサーでプレイした場合、ユニットはすべてアンデッドとなります。これはクラスユニットだけでなく種族ユニットも同じです(種族ユニットはグール化状態と呼ばれます)。

and.jpg

アンデッドの特徴としては上の通りですが、大きいのは自然回復不可と士気の影響を無視できる部分です。

通常ユニットであればHPにダメージを受けてもターンを進めれば自然回復して行きますがアンデッドは一切回復しません。これを回復させる方法は以下のどれかになります。

・ 支援ユニット or ネクロ英雄が保持する「アンデッド治療」スキル 
・ 「ミイラ職人ギルド」を建設済みの街に駐留する

shiki.jpg

ユニットの士気は様々な要因で低下します。例えば、街を失う、英雄が倒れる、戦闘に連続して負ける、種族の幸福度が下がる、ライバル指導者がユニティビーコンを所有する、などなど。士気がさがると攻撃時にファンブルが多発するのでそれらを無視できるメリットは非常に大きいです。

さて本題のクラスユニットの紹介です。まずは「カドヴァー」です。

kadv.jpg

カドヴァーは街で生産できません。戦闘中に死亡したユニットの死体に対して、リアニメーターもしくはネクロ英雄が持っている「蘇る死体」スキルを使うことで作成する事ができます。 ニョイ~ン♪ という効果音と共にカドヴァーを産み出す行為はネクロプレイの楽しみの一つですね(笑) 元は死体なので肉体は常に「崩壊中」であり、毎ターン8ポイントHPが減少していきます。これを防ぐには「アンデッド治療」か「ミイラ職人ギルド」を頼るしかありません。街の人口を犠牲にしてカドヴァーを作成する魔法も存在します。

lostsoul.jpg

こちらはもう一つのティア1ユニット 「ロストソウル」です。他のネクロユニットに比べると地味であまり面白みがないです…まぁ「壁通過」スキルがあるので攻城戦で少しは役に立つかな?いや立たないな(笑)

rea.jpg

こちらはティア2 「リアニメーター」です。種族毎に違いがあるので全部で9タイプ存在します。街で生産します。スキル「アンデッド治療」と「蘇る死体」の重要性は先に書いた通りです。遠隔攻撃の「ブラックボルト」はかなり使えますし、射程の長い「呪い」まで持ってるとは、なんと使えるユニットなのでしょうか!ネクロの英雄が雇えない時でもこいつが居れば万事問題なしです!

ban1.jpg

同じくティア2 の「バンシー」。こちらは魔法で召喚します。こいつがまた使えるユニットなんです。なんといっても「霊体」物理耐性60% は序盤では強力です。最初から低コストでこんなユニットが召喚できるなんてネクロはやはり強いです。

ban2.jpg

バンシーのスキル「絶望の嘆き」 実行したときの「キィーーーー!!」という叫び声は正にこちらまで絶望しそうな恐ろしさ。一度は体験してみて欲しいです。効果の方も生身の人間だけでなく機械まで停止させてしまう能力を持っています。これも使える!!

b0.jpg

ついに来ましたティア3 の「ボーンコレクター」。こいつがまた面白い!!基本スペックは大したことないのですが「骨収集」スキルが凄い。戦闘中に死亡したユニットの死体を収集する事でHP、攻撃力、抵抗力が向上するのですが、これが一回で終わりではなく何度でも累積可能なのです。

b1.jpg

つまり死体を集めまくることで、こんな風にとてつもなく強くなる可能性を持っているんです。HP230、攻撃力31はティア4も真っ青の強さですね。ただし能力向上はその一回の戦闘中に限られます。

b2.jpg

そして更に面白いのが「カドヴァー」との連携。ユニットの死体の代わりにカドヴァー自身の肉体をボーンコレクターに捧げる事が可能です。これは「骨の奉納」というスキルになり、効果は「骨収集」と同じです。これを利用すれば死体が無くても予め大量のカドヴァーを準備しておいて、戦闘開始と同時に一気にボーンコレクターを強化するといった戦略も考えられます。

de.jpg

ティア3の最後はこの人「デスブリンガー」先生。種族毎に9タイプ存在。最初にこいつを使った時、実は「いまひとつ使えないな」と思った事があるんです。HPが低目なのですぐに倒されちゃったんですよね。何でこんなのがボーンコレクターよりも上位なのかな?と当初は思ったものです…でも後になってこの先生の恐ろしさに気付きました。それは「グールの呪い攻撃」。これは攻撃した相手を呪いにかけて戦闘終了後にはアンデッド(グール化)として味方にできるという強力なスキルだったんです。これの成功率が結構高い!敵のティア4 ユニットなんかでも1/3くらいの確率で呪いにかける事ができます。

de2.jpg

これが判明してからはもう笑が止まらない(笑)敵の主力をグール化して味方にして行くのが気持ちよくて楽しすぎるんです。動物などもグール化できるのに気付き、気分はさながら「グールユニットコレクター」という感じです。使い方のコツとしてはデスブリンガーはメインで戦闘には参加させずに遊撃手にします。他のユニットでHPを削った後に最後のとどめを先生にお願いして呪いにかける方法です。その時「影の歩法」というスキルで少しワープして相手の裏を取れば更に有効です。ネクロマンサーをプレイするのであれば是非ともこのグール化の楽しみは味わって貰いたいと思います。

2015-08-22_00004.jpg

そして最後はもちろんティア4 「ドレッドリーパー」です。ネクロ最強ユニットだけあって強力なスキルが目白押しです。物理耐性60% をベースに「死の祈り」、これは相手を即時死亡させますが仮に失敗してもHPがマイナス40。「生命吸収」攻撃するたびにHPが回復するなど。召喚ユニットなので好きな場所にすぐに強力な戦力を送り込むことができるのもメリットでしょう。

ということで今回は長々とネクロマンサーのユニット紹介をしてみましたがどうでしょうか?ネクロは拡張第二弾のダウンロードコンテンツですの追加で購入する必要がありますが、内容を見てもらえば十分満足できる物であることが理解して貰えると思います。まだ未購入の方は是非とも試してみてください。
関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

祝帰還
コメントどうもです!是非是非AoW3へ復帰してくださいね!このゲームはランダムマップで無限に遊べますから一生モノですよ!AoW4がでるまではね(笑)
ネクロマンサー初心者
何時も楽しく拝見しています。
色々なサイトで紹介されているAOW3が気になり以前買って、日本語化して楽しんでました。
ここのサイトを拝見するとまた、遊びたく成ります。
面白い紹介記事楽しみにしています。

私は、初めてプレイしたときは、フロストのネクロマンサーでした。
こんなユニットだと思いませんでした、また遊ぶ時は、念頭に置いて遊びたいと思います。
管理人のつぶやき

同カテゴリ記事リスト
Translation to English
プロフィール

ブログ管理人:雅(みやび)

Twitter
@fantasy_miyabi
SteamID:MiyabiSFG(sakalab)

剣と魔法の世界をテーマにした洋ゲーが好きです。ターン制4X ストラテジー/シミュレーション、D&Dの系譜モノ、小説などを紹介しています。ツイートやブログ記事にやたら(笑)や wwww が出てくるのは、好きなゲームの事を考えて常にニヤついてるからです(笑)ていうか、皆さんもニヤついてるでしょ?素直になろうよwww

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。