FC2ブログ

Planar Conquest の営業力に脱帽

久々に Planar Conquest にハマっています。このゲームはなにかと話のネタになる作品。自分のSteam評価も、最初の「おすすめしません」から「おすすめ」へ変化し、その後も間を何度も行ったり来たりと特殊な経過を辿っておりますww

header.jpg



今回はその素性と近況を簡単に紹介しておきます。

自分がこの作品の噂を耳にしたのは、2015年3月頃でした。作品のタイトル名は 「Worlds of Magic」 。説明不要だと思いますが、ファンタジー4Xストラテジーゲームの開祖である「Master of Magic」を強烈に意識したタイトルとなっていたのです。現在でもこのジャンルの新規ゲームがリリースされると、ほぼ必ずと言って良いほど公式フォーラムには「MoMと比べてどうか?」というスレッドが立ちます。ファンの間では、それくらい伝説の作品となっているのです。しかし、同ジャンルであっても、MoMの後継を自ら名乗る作品は滅多に存在しません。そんな中、この作品は唯一明確にMoMのSpiritual Successor(魂の継承者/心の続編)を大々的に打ち出してリリースを行ったのでした。

womtitle.png

Worlds of Magic のユーザー評価は最悪でした。バグの多さやUIの不備などが指摘され、Steamレビューは軒並み低評価となっていました。後継をうたっているだけに、ノスタルジーに取りつかれたMoMファンから理不尽な要求を受けてしまったりと、やや同情すべき側面もありましたが、作品の品質が総じて低かった事は事実だと思います。私は当時AoW3を楽しんでいる真っ最中だった為、気にはなりつつも低評価のこの作品を購入するまでは至りませんでした。そして恐らく低評価のままフェードアウトして行くのだろうと当時思っていました。

しかし、話は意外な方向へ進みます。Worlds of Magic は Planar Conquest という名前になってモバイルゲームとしてリリースされたのです。恐らくそこで結構な小銭を稼いだのでしょうか。そして「リブート」という形式をとって、Steam上でもUIなどの改善を施された Planar Conquest がリリースされる事になります。自分がSteamでゲームをやり始めて、同じゲームが別の名前で再リリースされるというのは初めての経験でありました。正直「そんなのありなの!?レビュー評価も一からやり直しできるんだ?」と面食らった記憶があります。

Planar-Conquest.jpg

ただ、世の中そんなに甘くありません。 Planar Conquest のSteamレビューもWoMと同レベルで推移しているのを見て、やっぱりなぁといった感想を持っていました。そんなさなか、更にコンシューマー(PS4、XBOX)市場へも乗り出すと聞いた時には、驚きを隠せませんでした。しかし、そこまでやれる程の作品なら、という事でSteamで購入して試してみる事にしたのでありました。

IMG_20170502_110342 (1)

プレイした第一印象としては、本当にMoMを忠実に再現しようとしている、という事でした。システムは良くも悪くもそっくりそのままMoMで、独自要素としては世界が地上と地下だけでなく、プレーンと呼ばれる複数の別世界がある事だけでした。私はノスタルジーにも助けられつつ、結構そのゲームを楽しませて貰いました。しかし最後にはバランス調整不足を感じプレイを中断する事になります。(詳しくはSteamレビュー参照)

449300_screenshots_20160911214606_1.jpg

それから半年以上経過した最近の事です。私はまた驚きのニュースを目にすることになります。なんと Planar Conquest が日本のPSストアで販売を開始すると言うのです。しかも英語版のままでww「誰が買うねん!」と思い切り突っ込んでやりたくなりましたが、改めてこの作品の営業力の高さ、プロモーション能力の高さを感じました。

C-nqhOGV0AArEtz.jpg
どうやらTeyon Japanという日本専用の代理店と契約している模様。そこまでやりますかw

だいたい自分が好きになるゲームは逆のパターンが多いのです。ゲームは結構面白いのだけど、それがなかなか世の中に認知されない。結局、陽の目を見る事もなく消えて行ってしまう。ようはプロモーション能力が低いのです。ところがWoMはどうでしょう、リリース当初の失敗を物ともせずにモバイルへ展開、収益を確保したうえで、今度はコンシューマーへ。そうやってゴキブリ並みのバイタリティーを持った営業に引っ張られる形で、開発者が品質をアップを継続して来ているのです。最初に失敗はありましたが、それを乗り越えるこの実行力は注目せざるを得ません。

しかし、時間があるからと言って、必ずしも良い改良ができるとは限りません。という事で、前回のプレイ中断以降、パッチによってどんな改善が入ったのか?プレイを再開してチェックしている次第です。

449300_screenshots_20170429100903_1.jpg
戦闘時にリアルタイムで計算式(ダイスロール)のログが表示可能に!このゲームはD&DライクなD20システムなので、これはかなり良い改良だと思う。

20170429170930_1.jpg
戦闘時のカメラ視点がぐりぐりと変更可能に。

20170430003240_1.jpg
まだショボいユニットしかいないけど…ドラゴンとか出てきたらアップで撮りたいな。

20170430232529_1.jpg
イベント発生。独立都市が突如自国へ加入なんてことも発生します。

20170429235053_1.jpg
マナを追加投入して魔法の効果を高められる。これは前からあった機能。

今回の紹介はここまで。そのうちゲーム全体を紹介するレビュー記事もアップしたいと思っているので御期待ください。

449300_screenshots_20160922003536_1.jpg

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のつぶやき

同カテゴリ記事リスト
Translation to English
プロフィール

ブログ管理人:雅(みやび)

Twitter
@fantasy_miyabi
SteamID:MiyabiSFG(sakalab)

剣と魔法の世界をテーマにした洋ゲーが好きです。ターン制4X ストラテジー/シミュレーション、D&Dの系譜モノ、小説などを紹介しています。ツイートやブログ記事にやたら(笑)や wwww が出てくるのは、好きなゲームの事を考えて常にニヤついてるからです(笑)ていうか、皆さんもニヤついてるでしょ?素直になろうよwww

検索フォーム